ダイス<線引・管引・棒引・押出・ダイヤモンド等> プラグ<管引用・フローティング・異型等>など超硬工具の設計・製造・販売・修理

ダイス プラグ 超硬工具の設計・製造・修理 トーワデンコウ
選ばれる理由
事業方針
製品紹介
採用情報
会社案内
物つくりコラム
お客様の声
品質方針
お問い合わせ

トーワ最前線

物つくりコラム
2007.10.22
第31回  プレス(その3)

機械プレスすなわち金型プレスは、
カムによる圧力伝播を利用し、油圧プレスは油圧を制御して圧力を掛けます。
一方からの圧力しか掛けない、片押しや、上下から同時に圧を掛ける両押しが一般的です。
上パンチが下降すると金型もスプリングで下へ降りる方式、
またスプリングでなく自動的に金型を下げる方式、上下押し後、最後に下パンチを
もう一度チョット上方へ圧を掛ける等、プレス現場とプレス屋さんの設計改善が、続いています。

一分間に何個プレス出来るかの現場では、
結局プレスクラックを防ぐメカニズムを求めているのです。
プレスクラックは金型からワークを下パンチで押し上げた時、外圧変化に対応できず、
ビビル事によるクラックですし、その原因には金型内壁の局部磨耗や粉末の付着(焼付き)もあり、
そして、そもそもプレスは空気も圧縮している事にあります。

その為、ただ押し上げるのでなく、上下パンチでの挟みだしが行われます。
高精度のものを作ろうとすると、ダイとパンチのクリアランスは、
5ミクロン位にしなければならず、そうすると空気抜けに時間が掛かるはずなのです。
それ程までしても、まだプレスブリックの体積の約3分の1は空気なのです。

切削工具のスローアウェーチップ等チェックを怠ると全滅します。
小型ダイスでも量産品は金型半自動プレスが活躍します。
通常の大型、中型ダイスは、近年NC旋盤により形状は再現性がありますが、
小径はピンプレスが有効です。

例えばW2型(φ9×6)スチールコード用ダイスは孔径が、0.1、0.13、0.15、0.19ですが、
1ロット3000個位です。
下パンチにマウス、アプローチ、ストレート、上パンチにバック部と孔を開けて置き、
造粒粉を自動で入れてプレスし、下パンチを上パンチの孔に突っ込めば完了です。
ただし、油圧プレスではストッパーも必要です。

下パンチは超硬ピンを使います、ハイスピンは先端が300個位で見事に扁平に磨耗しますし、
超硬でも材種によっては先端が圧力で、ねぎ坊主の頭の様になり、その根元から折れてしまいます。いいかにプレス中に粉が動き回り、弱い所をイジメテいるかがわかります。
上パンチの孔にピンを突っ込む為には、クリアランス、真円度等が当然勝負どころなのです。

お読み頂きありがとうございました 〜トーワデンコウの製品紹介〜
◆ダイス(線引ダイス , 管引ダイス , 管・棒引ダイス , 押出ダイス)
◆プラグ(小径管引用プラグ , 管引用プラグ , フローティングプラグ , 支持プラグ)
◆耐摩耗工具(ロール , パンチ・ダイ , ブッシュ・ノズルチャック , 測定関係 , 治工具類)
◆切削工具(鋸刃 , カッター)
◆機械類(スェージングマシン , 機械部品 , 各種引抜工程周辺機械)
▲トップに戻る
| 選ばれる理由 | 事業方針 | 製品紹介 | お客様の声 | 採用情報 | 会社案内 |
| 物つくりコラム | 品質方針 | お問い合わせ |