ダイス<線引・管引・棒引・押出・ダイヤモンド等> プラグ<管引用・フローティング・異型等>など超硬工具の設計・製造・販売・修理

ダイス プラグ 超硬工具の設計・製造・修理 トーワデンコウ
選ばれる理由
事業方針
製品紹介
採用情報
会社案内
物つくりコラム
お客様の声
品質方針
お問い合わせ

トーワ最前線

物つくりコラム
2009.6.8
第73回 SKIPとKY

企業活動の現場では、様々な運動で社員の啓蒙を行い、互いに刺激しながら成長しようとします。
SKIP活動はその一つで、単に跳躍の意味ではなく、スキルアップでもなく、
Staff Knowledge Inovation Planの頭文字をとったものです。
各課を4〜5人のグループにして、隔月に発表会を行います。

言うならば、それぞれの仕事の計画を発表し成果を競い、知識も改革しようとします。
年間の大日程、月間の中日程、週間の小日程が有り、小日程は各人の実績をグループ内で
見せ合うのです。内容は基本的には、Y(やった事)、W(わかった事)、T(対策で次に
やる事)を述べ、序に問題点(悩み)を明らかにする訳です。

合同発表会はなにしろ100人からいて、全員やりますから、1人1〜2分で説明を
終わらせる強行軍で、内容は全て大きな模造紙にあらかじめグラフや文章にして置き、
簡潔に説明して行きます。1グループが終わると、パネル毎移動し、全て内容をカメラに記録、
その間次のグループが発表していると言う具合です。

約2年間やって、KI(知識改革)卒業証を目出度く貰いました。
自分の日程や発表をこなすのに四苦八苦で、プレッシャーも大変なものがあります。
しかし、他課のグループや個人が何をやっているか、何に悩んでいるか等、
今迄見えなかった物が見えて来る、参考になる手法も判って来る、興味深い方法でもあります。

小日程は自分が抱えている仕事を、1〜2時間単位で1週間分表にし、実績表も作ります。
従って達成率も自動的に数値で出てきます。
月間の中日程では、およそのノルマがあり、負荷率も出て来るのです。
発表会では 所長やコンサルタントの講評があり、まだまだ頑張らねばと発奮するのです。

KYはチマタでは「空気が読めない」「価格安く」「漢字が読めない」「解散ヤレナイ」等等が
氾濫していますが、企業内では「危険予知」を意味します。
月1回位に漫画絵が配られて、上記4〜5人のグループが5分間、
如何いう危険が予測されるかを指摘し合います。
JAFの交通写真による「危険予知」の工場版なのです。

どれもこれも、より良い企業、個人を育てようとの作戦活動なのですが、
社会人のスタッフとしては、結局ストレスとの戦いなのでしょう。

お読み頂きありがとうございました 〜トーワデンコウの製品紹介〜
◆ダイス(線引ダイス , 管引ダイス , 管・棒引ダイス , 押出ダイス)
◆プラグ(小径管引用プラグ , 管引用プラグ , フローティングプラグ , 支持プラグ)
◆耐摩耗工具(ロール , パンチ・ダイ , ブッシュ・ノズルチャック , 測定関係 , 治工具類)
◆切削工具(鋸刃 , カッター)
◆機械類(スェージングマシン , 機械部品 , 各種引抜工程周辺機械)
▲トップに戻る
| 選ばれる理由 | 事業方針 | 製品紹介 | お客様の声 | 採用情報 | 会社案内 |
| 物つくりコラム | 品質方針 | お問い合わせ |