ダイス<線引・管引・棒引・押出・ダイヤモンド等> プラグ<管引用・フローティング・異型等>など超硬工具の設計・製造・販売・修理

ダイス プラグ 超硬工具の設計・製造・修理 トーワデンコウ
選ばれる理由
事業方針
製品紹介
採用情報
会社案内
物つくりコラム
お客様の声
品質方針
お問い合わせ

トーワ最前線

物つくりコラム
2009.11.9
第82回 シールピール

超硬合金どうしを軽くコツンとぶつけると、面白い様にキズ(打痕)が付きます。
どんなもの(世界)でもそうでしょうが、加害者が居れば被害者がいます。
鏡面仕上げした超硬プラグを数本、手に持ってジャラつかせると、チョット見では
判りませんが、拡大鏡で見ればそのキズだらけに、びっくり仰天です。

それを防ぐ為に、シールピールが有ります。熱で溶かしたロウにワークを漬けて冷ますのです。
Seal Peel は熱間浸漬可剥性プラスチックで、原語どおり薄皮で包む事を意味します。

プラグだけでなく、切削バイトの刃先や機械部品にも良く使われています。
傷防止、刃先保護、防錆、腐食防止、に役立ち、簡単に剥離出来ますから便利です。

打痕とは、拡大すると先ずは凹みであり、周辺は盛り上がりが出来る事です。
そして更に拡大して良く見ると、クラックが入っています。
クラックが見えなくても、歪が発生しています。
この打痕同士が近かったり、重なり合うと、焼き付き剥離の素で
しまいには折損の素(モト)にもなるのです。

シールピールはプラスチックとは言っても、油には違いなく、昔々お鍋で溶かしている内に、
火が付き天井を焦がし、大騒ぎになった事がありました。
加熱温度により、折角の透明性が無くなり、黒茶色に変色するので、低温に保つ必要があります。
専用タンクは徐々に加熱し、160℃位に保つ装置です。

換気扇の汚れ除去用の、透明フイルム状のものも使って見ましたが、当時は刷毛塗りで面倒です。
多少厚みのあるシールピールの方が信頼性がありました。

お読み頂きありがとうございました 〜トーワデンコウの製品紹介〜
◆ダイス(線引ダイス , 管引ダイス , 管・棒引ダイス , 押出ダイス)
◆プラグ(小径管引用プラグ , 管引用プラグ , フローティングプラグ , 支持プラグ)
◆耐摩耗工具(ロール , パンチ・ダイ , ブッシュ・ノズルチャック , 測定関係 , 治工具類)
◆切削工具(鋸刃 , カッター)
◆機械類(スェージングマシン , 機械部品 , 各種引抜工程周辺機械)
▲トップに戻る
| 選ばれる理由 | 事業方針 | 製品紹介 | お客様の声 | 採用情報 | 会社案内 |
| 物つくりコラム | 品質方針 | お問い合わせ |